So-net無料ブログ作成
自転車 ブログトップ

ツール・ド・ちば、持って行く物リスト。(その2) [自転車]

そして第2弾。
その2に書き出す持って行くものは身の回りのものです。
□ 参加のしおり(封筒一式)
□ 外履き  ※1
□ ズボンのすそ止めバンド
□ コンタクトケース
□ コンタクト保存液
□ 予備コンタクト
□ 電気カミソリ
□ プレシェーブローション
□ めがね
□ デオドラントスプレー
□ 洗濯ネット(大、小)  ※2
□ 入浴用タオル(大、小)  ※3
□ ハンドタオル
□ Tシャツ&短パン(ねまき)  ※4
□ 耳栓  ※5
□ パンツ x 3
□ 靴下 x 1
□ ケータイ&充電器
□ ハンディGPSの充電器
□ 財布
□ 車の鍵
□ 免許証
□ バファリン  ※6

※1 外履き
車の運転の時と、前夜祭の会場に入るときに必要。前夜祭会場はレーシングシューズ禁止です。

※2 洗濯ネット(大、小)
コインランドリーで使います。コインランドリーに忘れ物しないように、それから極端に混んでいるときに何人分か一緒に洗濯機に放り込むときに便利です。もちろん、入れて洗えばウェアも傷みにくいですね。

※3 入浴用タオル(大、小)
無事に完走した後の温泉は最高♪なので、タオルをあらかじめ用意しておきます。
タオル有料の温泉って多いですからね。自分のを持って行けばちょっと安くあがります♪
これは車に積んでおけばOK。

※4 Tシャツ&短パン(ねまき)
旅館とかホテルの浴衣って、体にまとわりついて寝にくくないですか?
自分はあまり好きでないので、たっぷりしっかり睡眠が取りたい時にはTシャツ、短パンは持参します。

※5 耳栓
夜、寝るときに必要になる可能性が。
周りの音が気にならなくなるので、よく眠れます。
相部屋だといびきのすごい人が一緒になる可能性もあるので、備えておけば安心。

※6 バファリン
言わずとしれた鎮痛剤。
今年は持って行きました。トレーニング不足なので。(-_-;)
きちんとトレーニングしてればいらないのですが、走り込みが足りないと体のあちこちに痛みが出てくることも。これってドーピング?w

とまぁ、これだけの荷物を中くらいのリュックサック(30リットルくらいの容量)に詰め込んで毎年ツール・ド・ちばに参加しています。
もし、初めてツール・ド・ちばに参加される方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひご参考にしてください。
nice!(0)  コメント(0) 

ツール・ド・ちば、持って行く物リスト。(その1) [自転車]

今年もがんばりました、ツール・ド・ちば。
昔のブログで持って行く物のリストを書いていたのですが、ちょっと手直しもかねて再びアップします。

まずは第一弾。自転車周りの品物から。

□ サドルバッグ
  □ チューブ x 2
  □ ミニ工具
  □ タイヤレバー
  □ パンク修理パッチ
  □ タイヤ修理パッチ  ※1
  □ ばんそうこう
  □ 小銭入れ
  □ 日焼け止め
  □ ワイヤーロック
□ BENTO BOX(フレーム上部に付ける小物入れ)
□ ボトル x 2
□ ハンディGPS
□ ヘルメット
□ インフレーター
□ ライト
□ ウェア上下
□ ソックス
□ アンダーウェア
□ グローブ
□ シューズ
□ クリートカバー
□ サングラス
□ ハートレートモニター(発信器)&バンド
□ ハートレートモニター(受信機)
□ ゼッケンホック x 11  ※2
□ 予備チューブ x 2  ※3
□ 補給食
  □ CCDドリンク x 9
  □ アミノバイタルゼリー x 3

※1 タイヤ修理パッチ
タイヤ自体に大きな穴が開くようなパンクの時にタイヤの穴をふさぐパッチ。
タイヤに穴が開くと、タイヤ内部のワイヤーで何度もパンクを繰り返すことになります。

※2 ゼッケンホック x 11
ウェアに穴を開けずにスマートにゼッケンを固定できます♪

※3 予備チューブ x 2
今年も雨のツール・ド・ちば。パンクに備えていつもより多めにチューブを持って行くことにしました。前夜祭の抽選会でも運がよければ手に入ります(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
自転車 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。